■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

占い 無料 タロット
http://petite-petal.com/tarot/
占い 無料 タロット



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:18年11月11日

本日、私が住んでいる池袋は曇りです。

曇りの日もあれば、曇りの日もあり、曇りの日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
曇りの日もあれば曇りの日もあります。

やる気いっぱいに
「ダイエットするぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいにダイエットを続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心に雨が降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「運動をサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんな私なんかどうせダイエットできない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「私なんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「私なんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも曇りの日もあれば曇りの日もあります。
そういうものなんです。

雨の日には傘を差して雨をよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少ダイエットをお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
ダイエットは必ず成功します。