■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:18年09月20日

最近自分の視野が狭いというか世界が狭いと言うか…

そう感じることってみなさまありませんか?

昔はこうでなかったのに、いつのまにか仕事が忙しいせいか
世間知らずになっていたり。

あたくし、もともとあまりテレビを見ないから余計かも
しれないけど、自分にも興味がないのかパパさんに
太った?って聞かれて、確かに…。

ミソ風味ラーメンが食べたければ食べて、真夜中に
仕事が終われば、あっという間に1日の終わり。

きのうなんて函館のお店に久しぶりに行ったら
なくなっていました( ̄Д ̄;;


休みもおとなしくしてようと思えば、昼くらいまで
ぐーたらな生活。

柔軟でも一緒にしてみたら?って言われたけど、
やったらやったで腕が痛い…筋肉痛(笑)


エックス線作業主任者の勉強だー転職だーキャリアアップだーって
張り切る友達の中にいて、何してんだろって思うことがあって。

妹にもらったバランスパワー・・・

試してみようかな。

「そのままだと出会いも彼女も縁がないよー」とか「元気なさすぎ」と
散々言われたし。

いつのまにやら、こんな風になってしまったのか。

仕事ばかりで楽しみもない。

趣味のひとつばかりでも作ってみようかな。


といいつつも、友達との飲み会は欠かしません(笑)

あしたも函館で…バッチリ飲んできます♪

無駄に年はとりたくないけど、特に時間がもったいないとも思わないし、
それなりに平凡な生活に満足しているのかもしれませんね。