■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:18年10月18日

いろいろな減量法が流行っていますが、
皆さんは
「グレープフルーツ減量」って知ってますか?

グレープフルーツ減量の具体的な方法は…

朝方…グレープフルーツを1個食べ、そのあとに豆乳をコップ1杯飲む。
足りなければ生野菜(サラダなど)を食べる。
13時…普通の食べる事をする。
17時…グレープフルーツを1個食べ、そのあとに豆乳をコップ1杯飲む。
生野菜(サラダなど)を食べ、足りなければ肉や魚を食べてもよい。 

このように24時間3食きっちり食べる
健康的な減量法です。

グレープフルーツには
苦味成分の「ナリンギン」、
香り成分の「ヌートカン」「リモネン」が含まれていて、
それぞれ効能が異なります。

ナリンギンには食欲を抑えて満腹感が得られる効果、
ヌートカンにはエネルギーを消費しやすい体質にしてくれる作用や
脂肪を燃焼する成分を作り出す効果があるといわれてます。
さらに、リモネンは精神をリラックスさせ、血行の促進に効果があるようです。

また、グレープフルーツは
他の果物とくらべると、果糖・ブドウ糖などの糖類が少なく、
カリウム・ビタミンC・ビタミンB群が多く含まれています。

中でもカリウムは体質にたまった余計な水分を
体質の外に排出してくれるので、
水分の代謝がよくなり減量に役立ちます。

このように、
グレープフルーツには
減量に向いている栄養素がたくさん含まれています。

もちろんグレープフルーツだけを食べていては、
栄養が偏ってしまうので注意が必要ですが、
減量の手助けをしてくれる食べ物と言えますね。