■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:18年04月04日


みなさんは
「国立病院減量」という減量法を、
聞いたことありますか?

これは、
スロベニアの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
スロベニアにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
この減量方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院減量には
おかしな点もあります。

この国立病院減量とは、
どのような方法なのかというと…

と14日間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
減量法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくい体になるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しい減量法だと思いませんか。

実際に
この減量法を試してみた人の話では…

ふつか間は頑張ってみたそうですが、
3日目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、体の調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院減量のほかにも、
怪しい危険な減量方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

体を悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう