■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:17年03月16日


下腹がポッコリと出ていると
とっても気になりますよね。

スリムなパンツやスカートを
かっこよく着こなすためにも
下腹を引き締めるための簡単減量を
毎日の生活に取り入れましょう!

特に下腹って年齢とともに脂肪がつきやすく、
ポッコリした腹になってしまうものですね。

中年太りの象徴ともいえる下腹の脂肪!
一般的には腹筋運動が効果的といわれていますが、
より効果的に行うためには、
呼吸法なども取り入れた運動を行うと良いでしょう。

また腹筋運動と食べる事療法などもあわせて実践していくと、
より効果的に下腹の簡単減量ができちゃいますよ。

下腹の脂肪を落として減量するためには、
下腹の筋肉だけではなく、
わき腹の筋肉も鍛えることがポイントになります。

わき腹に脂肪がたまってくると、
腹全体に脂肪がついたようになり
大きく見えてしまいますね。

下半身…
特に腹周りをすっきりと見せるためには、
下腹を引き締めると同時に、
わき腹も鍛える必要があるんです。

下腹なら腹筋で鍛えられそうだけど、
わき腹ってどうやって鍛えればいいのか…
難しいですよね?

そこで、私が実践している
わき腹減量法を紹介しますね。

仰向けになって、
両手を脇腹にあててあごを引き、
背中を丸めて右の肘を左の膝に近づけるよう、
側腹筋の収縮を意識しながら軽くひねります。
左ひねり、右ひねりを交互に行い、
左右10回を1セットとして、
それを毎日3セット行うだけ!

わき腹って普段使わない筋肉ですから、
これだけのストレッチでも減量効果が抜群ですよ!

明日はいい日だ。がんばろ~^^
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう