■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:17年02月28日


体操を定期的に取り入れて
順調に体重が落ちていたのに、
最近は体重がまったく減らなくなった…

減量を行ったことがある方なら
一度はこのような経験をしたことがあると思います。

いくら体操を頑張っていたとしても、
ある日突然、体重が落ちなくなる…それは稀なことではありません。
この原因として体操のマンネリ化の影響があります。

体操しているのに
体重が落ちなくなるのは、
体操に身体が慣れてしまい反応しなくなるからなんです。

食べ物でも、
美味しいからといって日々食べれば飽きてしまいますよね。
体操でも同じことが言えるんです。

なので、減量中、
体操はマンネリ化しないようにしないといけないのです。

体操を定期的に変更することで、
身体が刺激に慣れることを防ぐことが出来るので、
順調に体脂肪を燃焼することができますよ!

定期的に体操を変更することは簡単です。

例えば
ジョギングばかりしているのなら、
一週間に1回エアロバイクを行うようにするとか…

2種類の体操を行うだけで、
体操のマンネリ化は簡単に防ぐことができるのです。

ただ、
2種類の体操を行ったとしても、
同じ曜日に同じ体操をしたら、
やはり体が体操に慣れてしまいます。

例えば…
月曜日ジョギング、水曜日エアロバイク、金曜日ジョギングのメニューで
ひと月体操したら、
翌月は月曜日エアロバイク、水曜日ジョギング、金曜日エアロバイクと
変更するようにすれば、
体操の強度が変わるので効果的となります。

その他、
ジョギングだけの一週間、エアロバイクだけの一週間など、
やり方はいろいろとあるので、
定期的に変更するようにしましょう。

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう