■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:17年01月14日


みなさま
こんばんは~♪

近頃、人気のある中国茶は、
ご飯で摂り過ぎた脂肪分を溶かす働きがあるということで、
減量中の飲み物として、
利用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際は
中国茶には、脂肪分を溶かすという作用はないそうですよ。

中国茶を飲むことで得られる効果は、
コーヒーや紅茶と同様に利尿作用のようです。

からだから余分な水分が出たことで
体重が落ちたと思うでしょうが、
これは決して
減量に成功したということではありません。

また、以前
有名なスーパーモデルが飲んでいるということで人気になった
ミネラルウォーターがありましたが、
ミネラルウォーターはノンカロリーというだけで、
それ自体に減量効果があるわけではありません。

イメージ的に、
それを飲むとスーパーモデルのような
美しいからだになれるような気がするだけだと思います。

「アルカリイオン水」というものも
話題になったことがありますね。
これは、血糖値を下げるということでしたが、
医学的な根拠は特にないそうです。

他にも、
「入浴前に水を1杯飲むといい」とか
「一日に数リットル水を飲むといい」とかよく聞きますが、
水を飲むだけで減量ができることはありません。

ただ、
ミネラルウォーターやお茶はノンカロリーなので、
減量中の飲み物としては確かに最適だと思います。

また、
ミネラルウォーターやお茶をご飯の前に飲むことで、
ご飯の量を多少減らすことはできますし、
間食したいときに、1杯飲むことで気持ちが紛れることも
減量に役立つと思います。

え?もう時間だ。仕事行ってきます~
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう