■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:14年04月08日


今日は大切な日なんです♪


消費するカロリーが、
食べ物を食べることによる摂取カロリーを超えれば、
今体質に溜まっている脂肪分を使って、エネルギーを作るわけですから、
痩せるに決まっている!

おそらくこの減量のメカニズムは、
皆さんは既にご存知ですよね?

ところが、頭ではわかっていても、
実際に実行することはなかなか難しい…

そこには、
「減量したい!」という気持ちを上回る
「何か」があるのではないでしょうか?

例えば…
甘いもの好きの人の目の前にチーズケーキが出されれば、
減量していても、
どうしても手が伸びてしまうのでは?

減量って、
目の前に先ほどのチーズケーキみたいに、
ニンジンがぶら下がっていないことが多いんですよね。

ですから、
減量に成功した場合のイメージがしにくいんです!

もともとおれたちには、食欲があります。
視覚とこの食欲が直結してしまうから、
減量中でも、
「いけない」とは思いつつも、食べてしまうわけです。

減量をしようと思ったきっかけには、
「元の体型に戻したいから」とか
「着たい服を着られるようになりたいから」とか…
いろんな理由があるはずです。

そのことをイメージするようなものを
目の前に飾ってみてはいかがでしょうか?

例えば、
昔の戻りたい時代の写真を張り付ける
もしくは、着たい洋服を入らなくても購入して、目の前に飾る…
こうすることで、「どうしても痩せたい!」という気持ちを高めてみましょう。

減量はカロリーコントロールが上手くいけば、
気持ちで負けてしまうことがない限り、確実に痩せることができるんです!
ですから、気持ちのコントロールも忘れないようにしましょう!

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう