■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:18年10月31日


オハヨー

レモンの酸味成分のクエン酸に、脂肪燃焼効果があることから、
「レモン水減量」が注目されています。

レモン水減量は…
レモン汁1/4個分と
ミネラルウォーター200mlを混ぜ合わせたレモン水を
一日3回、食べる事の後にコップ1杯(約200ml)飲みます。
食べる事の前や腹がすいている時は、
胃に負担がかかるので避けましょう。
…という簡単なダイエット法です

レモンって、
減量の強~い味方なんですよね!

まず、脂肪燃焼効果。
レモンに含まれるクエン酸が、代謝をスムーズにします。
また黄色の成分であるへスペリジンは、脂肪の吸収を抑えます。

次に、疲労回復効果。
クエン酸は、疲れの原因である乳酸を分解します。
疲労を感じたときは、
板チョコのような甘いものよりレモンを食べましょう。
ローカロリーな上、効果が期待できますよ!

そして、美肌&若返り効果。
豊富なビタミンCは肌を美しく保ちます。
また抗酸化作用により、体質の中からの老化を防止します。

さらに、ストレス解消効果もあります。
レモンの香りの成分である
「リモネン」は精神をリラックスさせます。
ストレスは体質の中のビタミンCを消費させるので、
レモンで補給しましょう。

簡単にでき、制限が少ない…
魅力的なレモン水減量。

もちろん、
摂取エネルギーが消費エネルギーを上回れば太りますので
「レモン水さえ飲んでいれば大丈夫」という訳ではありませんが、
レモンのさまざまな効能は、減量にとても役立ちます。

さわやかなレモンのパワーで、
体質の中からキレイになりましょう。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう