■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:18年07月28日


ダイエットの基本として、
ご飯の量を減らすためには、
満腹中枢がキーポイントになります。

満腹中枢というのは、
ご飯をし始めてから一定の時間がやってくると、
「ウエストいっぱい」というサインを出します。

おれたちは、満腹中枢への刺激によって、
ご飯を終了するのです。

ですから、
満腹中枢を刺激するまでの時間、
いかにご飯の量を少なくするか
ということがポイントになってきます。

まずは
しっかりかむように心がけることです。

一回食べ物をくちに運んだら、
最低30回かみ続けると
十分な時間をつぶすことができます。

また
野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

野菜サラダなどは
結構な量があるように見えますが、
そんなにカロリーは高くないのです。

ですから、ご飯の中に
野菜料理を一品以上入れるように心がけましょう。

またご飯前にも一工夫が必要です。
ご飯をする直前に水を飲みましょう。

水を飲むことによって、胃への刺激になります。

また、胃のスペースも水によって
多少は少なくなりますから、
入れることができる食べ物の量を減らすこともできます。

大体コップ一杯程度の水を飲んでおけば、
十分な効果を発揮するでしょう。

ご飯を通じて心がけることは、
ゆっくりと食べるということです。

妹と同居している場合には、
一緒に食べるように習慣づけるといいでしょう。

妹と一緒に食事をすれば、
何らかの会話をする必要があります。

しゃべりながらですから、
ご飯のペースも自然と落とすことができます。

ということは、
満腹中枢が刺激を受けるまでの
ご飯の量も自然と減ってきますから、
ダイエット効果を得ることができるわけです。

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう