■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:15年05月11日


今日はどういうわけか、モチベーションが高いです(笑

「運動が大嫌い!」「でも痩せたい!」
そんな方でも、減量は不可能ではないと思うんですよね。

基本的に僕たちの肉体は、
特に意識しなくてもエネルギーを消費しています。
座ってテレビをみているだけでも、寝ている時だって、
エネルギーが消費されています。

大雑把にいってしまえば、
摂取したエネルギーが消費するエネルギーより少なければ、
何もしなくても痩せるという理論になります。

極端な話、何も食べずに寝ていれば、
そのうちガリガリに痩せるでしょう。
ただ、それではさすがに健康的な減量とは言えません。

絶食による減量は、
専門家について行わなければとてもリスキーなのです。
リバウンドの可能性も高まるので、避けた方がいいでしょう。

連日食べているおやつをチーズケーキから和菓子に変えたり、
ご飯を野菜中心にしてみたりするだけでも、
摂取エネルギーを減少する事ができるわけです。

エネルギー消費を助けるたんぱく質も、
意識的に摂ると一層いいですね。

あまり初めから、ご飯制限をやりすぎると、
すぐに息切れしてしまいますから、
無理なく少しずつ実行してみてくださいね。

減量は、継続できて初めて成功です。
どうしても食べたいものがあったら、
我慢しすぎないで少しだけ食べるというのも一つの手です。

ストレスになるほど我慢したり、
神経質になりすぎるのは止めてください。

減量を始める前に、毎週の目標体重を決めておき、
「達成すればその日だけ食べたいものを食べていい」
などのルールを決めておくと楽しみながらできますよ。

減量を楽しんで、ラク~に痩せましょう!

今日は、ここまで。
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう