■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:15年01月10日


こんばんは

減量をするためには筋肉をつける…
これはある意味鉄則といえます。

おいらたちの身体の中で、
筋肉が最も消費するエネルギーの量が多い箇所だからです。

しかし、筋肉をつけることに誤解をしている人がいるんですよね。

運動をしていたら、
体重が落ちていないという誤解です。

運動をすると脂肪が落ち、
筋肉がつきます。
そもそも筋肉は、脂肪と比べると重さがあります。

ですから、筋肉がつくことによって、
体重自体が変化しないというケースが生まれてきます。

でも、筋肉は確実に増え、脂肪は少なくなりますから、
結果的には体脂肪は減少しているのです。

ですから、しばらく続けていくと、
引き締まったいい身体を作り出すことができるはずです。

また、運動不足の人がいきなり運動をすると
筋肉痛を引き起こすことがあります。
筋肉痛になると、身体がだるくなるような感じがしませんか?

筋肉痛になると、身体に大量の疲労物質が分泌されます。
疲労物質には、
水分の代謝を悪化させるという性質があることがわかっています。

このため、水分が排出されることなく、筋肉にたまっていきます。
一種のむくみのような症状が起きるのです。

水分が筋肉にたまると、どうしても全体的に重みが増します。
この重みが身体のなんともいえないだるさを感じる元になるのです。

しかし運動する習慣をつけることによって、
疲労物質の分泌が少なくなり、
筋肉痛を起こすこともなくなっていきます。

ですから、筋肉痛で挫折をせずに、
もうひとふんばりすることが、
減量成功につながるんですよね。

嗚呼,いい気分
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう