■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:14年05月15日


筋肉をつけることこそが
エネルギーの消費サイクルを高めますから、
減量するためには、
適度なトレーニングをすることが必要となってきます。

しかし、
あまり炎天下のときにトレーニングをするのはキケン!

気温の高いときには、熱中症などで
病院に担ぎ込まれる人も少なくありません。

あまり気温の高い日に、かんかん照りの中、
トレーニングをするのは、無謀ですから注意をしましょう。

「日陰でトレーニングをすればいいのでは?」と
思うかもしれませんが…

日本は一般的に、夏場は湿度が高い!
確かに直射日光を浴びるのに比べれば
多少は暑さをしのぐことはできるかもしれません。
が、あまり暑さの面では変化がないのでは?

「猛暑日」などといわれるような、
気温が35度を越える中で
トレーニングをするのはキケン極まりないですよ!
猛暑日のトレーニングは避けるようにしましょう!

もしどうしてもトレーニングをしたいという人は、
日が落ちたあとのよるにトレーニングをするといいでしょう。

太陽が沈むだけでも、かなり気温は下がります。
よるになれば、
いくら高くても27度くらいには落ち着いてきます。
その分、熱中症にかかるリスクも少なくなります。

また早朝にトレーニングをする習慣をつけるのもいいかもしれません。

24時間で一番気温が低くなるのは、早朝ですもんね。

7時ちょっと早起きしてトレーニングすると、
その日24時間を爽快に過ごすこともできるでしょう。

ただし、猛暑日であろうと、
気温の高めの日であろうと
屋内でトレーニングをする分には問題はありません。

屋内で筋トレや筋トレをやるのもいいでしょう。

夏場は少し工夫をすることが、
減量成功のコツですね。
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう