■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:14年10月19日


極度にご飯を減らしたり、
「○○抜き」のように制限の厳しいダイエットを続けていると、
身体から不快なにおいを感じることがあります。

この「ダイエット臭」は
身体の危険を教えてくれる警告のようなもので、
自覚するようになったら要注意!
今のダイエット法を見直す必要がありますよ。

ダイエット臭は、
無理なご飯制限が原因だと言われています。

まず、
胃がからっぽの状態が長く続くと、
唾液の分泌が低下し、口臭の原因になります。

そして、
急激なご飯制限で、
エネルギー源である糖質が入ってこないと、
身体の脂肪を代替エネルギーとして利用します。

そのときに分解された脂肪酸や、
発生した乳酸がにおいの原因になるのです。

汗や皮脂とともに身体の外に出ると、
脂っこいような、汗臭いようなにおいを発します。

さらにエネルギー不足の状態が続くと、
代謝がうまくいかなくなり、
ケトン体という物質が血液中に増えていきます。
これも強烈な匂いの原因となり、
身体から甘酸っぱいツーンとしたにおいを放つようになります。

ダイエット臭を防ぐには…
ご飯内容を見直すとともに、トレーニングをとり入れ、
カロリー消費と代謝アップをはかりましょう。

糖質はエネルギー源だけでなく、脳の貴重な栄養源。
脳に必要な糖質が不足すると、
代替エネルギーのケトン体が増加してしまい、
においの原因になります。

ダイエット中に減らすべき糖質は、
甘いおかしや白砂糖、ジュース、菓子パンなど。
ライスはしっかり食べるようにしましょう。

ご飯制限だけで痩せようとするのは、ダイエット臭のもと。
身体を飢餓状態にするより、
トレーニングによってカロリーを消費し、代謝を高めていきましょう。
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう