■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。 視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

小平つかさならおまかせ
http://www.buntan.com/btm-blog/?tag=%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95
小平つかさ



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:18年11月20日

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素体操。

有酸素体操はシェイプアップに効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。
 
筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンス体操」と言われる体操です。

レジスタンス体操と言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベル体操やストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかける体操のことです。

これらの体操は、
有酸素体操のように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出して身体を動かすので、
無酸素体操とも言われます。

レジスタンス体操の主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

身体を支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンス体操は、
筋肉を刺激したり増やすための体操です。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素体操をした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンス体操をした高齢者の方が
有酸素体操を行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。