■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。 視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

小平つかさならおまかせ
http://www.buntan.com/btm-blog/?tag=%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95
小平つかさ



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:18年10月16日

減量で大切なことは
「一日三食食べる」ということなんですよね。

そんな当たり前のことが、
何で減量の役に立つの?と
疑問に思われるかもしれませんが…

太った人の特徴として、
「ほとんど無意識のうちに何かを食べていることが多い」んですよね!

例えば…
テーブルの上にあるおかしやくだものなどに、
腹が減っているわけではないのに、
何となく手を伸ばしてみたり、
テレビを見ながら何かを食べていたり、
お昼の残り物を「もったいない」などと言いながら、
何のためらいもなく、時間差で食べてみたり…
こんな傾向、あなたにはないでしょうか?

もっと極端な人になると、
冷蔵庫の前を通るたびに、扉を開けて何かをつまんでみたり、
職場のデスクの上や引き出しにおかしを常備して、
思いついては食べてみたり…

結局、彼らはほとんど無意識のうちに
一日5回6回と、食べ物を口に運んでいることになります。

つまり、
「一日三食食べる」ということは、正確には
「一日三食しか食べない」ということで、
とにかく一日に食べる食事の回数をキチンと決めて、
まずは「それを守ることから始めないと…!」という意味なんです。

また、
どうしても甘いものやおかしが止められない人は、
その三食の内で食べれば良いので、
おかしなどを一切禁止!という意味ではありません。

古典的な減量法の一つに、
食事の前に「水」を飲むという方法がありますが…

「水」に、ダイエット効果があるわけではなく、
「食事の前に水=水を飲まずに食べない」というルールを作ることで、
日頃あまり意識されない食事が無意識に減ったり、
食事の全体像が本人に分かりやすくなり、コントロールしやすくなった結果、
減量につながるんですよね!