■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。 視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

小平つかさならおまかせ
http://www.buntan.com/btm-blog/?tag=%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95
小平つかさ



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:18年09月15日

ダイエットに成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を毎日淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすら背筋をやった人もいれば、
岩盤ヨガをやった人もいるし、
茶碗を小さくしてご飯の量を半分にした人もいれば、
食事前に必ずダイエットシェイク コーヒー味を飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、ダイエット方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、毎日淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

ひと月・二ヶ月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
体質に合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
ダイエットそのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「ダイエットのことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっとダイエットの事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとはダイエットのことなんて忘れてしまう位の人の方が
ダイエットに成功しているようです。