■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。

 

レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:18年05月20日

6時は、気持ちよくスッキリと起きたい! 
だけど、睡眠時間や起きるタイミング、体調、お天気などの影響で、
いつも爽やかというわけには、なかなかいかないものです。

眠い、だるい、つらい…というネガティブな気分を引きずらず、
24時間を爽快にスタートするためには、体操がオススメ!

「6時の忙しいときに体操なんてしていられない!」
と思われるかもしれませんが、
体操といっても、ほんの2〜3分のストレッチ。

6時、目が覚めてから
起き上がるまでのわずかな時間、
布団やベッドに横になったままで、
のびをしたり、足先を回したり、
体質を軽くねじったりするだけでOK!

6時目覚めた直後は、
体質全体の機能が低下していて、
脳と筋肉がうまく連動できない状態にあります。

急に起き上がって動き出すと、
つまずいたりぶつかったり、
寝ぼけたことをしてしまうことがあるのはそのせいです。

ですから、
6時、目が覚めたら、
まずはゆっくりと手足を伸ばしましょう。

そうすれば、
「これから動き始めるぞ」という信号が脳に伝えられ、
体質を活発に動かす準備ができていくというわけです。

大切なのは、
ゆっくりと呼吸をしながら、
できるだけリラックスしてすることです。

これからの6時の慌ただしさや、
今日24時間の予定などはなるべく考えずに、
体質に意識を集中するようにします。

「これから動くよ」と
心の中で体質に声かけしたり、
体質中に血液が活発にめぐるのをイメージしたりすると
楽にできますよ。

まずは休日の6時にやってみて、
コツをつかんでしまいましょう。
そうすれば、慌ただしいウィークデーの6時だって、
目覚めスッキリ体操で24時間を快適に始められますよ!