■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。

 

レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:18年10月14日

極度に食べる事を減らしたり、
「○○抜き」のように制限の厳しい減量を続けていると、
からだから不快なにおいを感じることがあります。

この「減量臭」は
からだの危険を教えてくれる警告のようなもので、
自覚するようになったら要注意!
今の減量法を見直す必要がありますよ。

減量臭は、
無理な食べる事制限が原因だと言われています。

まず、
胃がからっぽの状態が長く続くと、
唾液の分泌が低下し、口臭の原因になります。

そして、
急激な食べる事制限で、
エネルギー源である糖質が入ってこないと、
からだの脂肪を代替エネルギーとして利用します。
 
そのときに分解された脂肪酸や、
発生した乳酸がにおいの原因になるのです。

汗や皮脂とともにからだの外に出ると、
脂っこいような、汗臭いようなにおいを発します。

さらにエネルギー不足の状態が続くと、
代謝がうまくいかなくなり、
ケトン体という物質が血液中に増えていきます。
これも強烈な匂いの原因となり、
からだから甘酸っぱいツーンとしたにおいを放つようになります。

減量臭を防ぐには…
食べる事内容を見直すとともに、体操をとり入れ、
カロリー消費と代謝アップをはかりましょう。

糖質はエネルギー源だけでなく、脳の貴重な栄養源。
脳に必要な糖質が不足すると、
代替エネルギーのケトン体が増加してしまい、
においの原因になります。

減量中に減らすべき糖質は、
甘いお菓子や白砂糖、ジュース、菓子パンなど。
ライスはしっかり食べるようにしましょう。

食べる事制限だけで痩せようとするのは、減量臭のもと。
からだを飢餓状態にするより、
体操によってカロリーを消費し、代謝を高めていきましょう。