■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

 

レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

 

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。

藤丸敏
http://sokkuri.net/alike/%E8%97%A4%E4%B8%B8%E6%95%8F/%E8%B5%A4%E4%BA%95%E8%8B%B1%E5%92%8C
藤丸敏ならおまかせ



■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:17年09月14日

ダイエットをして、
体重をどうしても5kg以上落としたいと考えるなら、
その為に必要な期間は、減らす体重の分だけ掛かるという事を、
まず認識しておいた方が良いと思います。

もちろん、リバウンドしてもいいのならば、
期間を気にせず即効で痩せることもできます。
とはいえ、普通はリバウンドしたい人なんていないですよね。

ダイエットは、リバウンドしない事で初めて成功したといえます。
リバウンドしない為には、
肉体に負担を掛けないペースで徐々に体重を落としていくのが理想的です。

その人の体重と身長にもよりますが、
大半の方は1ヶ月に2キロずつくらいなら、
体重を減らしても問題ないみたいです。

ダイエット方法は本当に多種多様ですが、
「○○だけ食べるダイエット」は絶対にお勧めできません。

健康的なダイエット法を実践しなければ、
結局はリバウンドしてしまいます。

同じ「だけ」なら、
「○○だけやめるダイエット」の方がいいですね。

ジュースをやめて水にするとか、
大好物のケーキだけをやめるとか…
無駄を排除するのはダイエットにも効果的です。
いくつかの食べ物だけやめるなら、ストレスにもなりにくいでしょう。

もし、その決まりを破ったら、
そのカロリー分、すぐに肉体を動かすなんてルールも決めておけば、
ダイエットに挫折する事も少ないと思います。

とにかく、ダイエットは継続が命。
無理をすれば挫折しかねませんから、
日々の生活のちょっとした事から気楽に始めましょう!

なんとなくここまできて、
気がつけば目標の体重になっていた…
そのくらいが最適なんじゃないでしょうか?

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜